白糸の滝(標高260m)

 アクセス
 札幌市街から定山渓を目指し、国道230号線を走り、温泉街の外れにある秘宝館跡を越えて右折する。
 国土地理院の地形図 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 <2012.8.4>
 道端に「白糸の滝/あと50m/→」の道標があり、急な坂を下って行くと、地図の載った看板がある。地図によると定山渓ダムとさっぽろ湖の両方から送水されているようだ。解説板によると1909(明治42)年に建設された全道で最も古い発電所のようだ。
道端の道標 地図 解説板 解説板
 傍には、白糸の滝の看板があるが、目立たない。コンクリートの擁壁越しに全景が見える。上部も下部も滝の様に見える。
看板 全景 上部 下部
 下流からは橋越しになる。近くの豊平川に架かる橋の上から見ると、滝の流れは豊平川に注がれ、何も無かったかのように穏やかな流れに戻っていた。上流にはホテルが見えその下に淵も見えていた。
下流から 豊平川下流 豊平川上流

散歩路もくじ2へ   次定山渓園地へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2012.8.4