沙留岬・開拓発祥の碑    =オホーツクライン=

 アクセス
 国道238号線を南下し興部町を過ぎようとする辺りに岬がある。
 2万5千分1地形図名:沙留(紋別) 周辺地図 
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 何の変哲もない海岸に岬があったので寄ってみたら、そこはキャンプ場だった。岬には道が無いが、踏み跡を辿ってみたら網走開発建設部の標柱があり、標石が埋まっていた。
 キャンプ場に戻ると、端に石碑を見付ける。碑文を読むと、興部町開基百年の碑だった。昭和63年に建てられたようで、もう120年は過ぎたことになる。
沙留岬へ 沙留岬 標柱 石碑
 それにしても、不景気だと言われてはいるが、何も無い所から120年で、こんなに立派な町になったことに驚く。
 碑文
 酷寒風雪とたたかいながら、不屈不撓の精
神をもって興部町開基の礎を築かれた幾多先
人の偉業に感謝を捧げ、その事蹟を後世に伝
えていくために、明治22年興部町で和人が
はじめて定住越冬した発祥の地である沙留に
開基百年を記念してこの碑を建立する。
      昭和63年10月1日

散歩路もくじ7へ   次コムケ湖へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2009年8月26日(水) 晴れ