音江山(802m) 剣山529m

 ポイント
 音江山だけを登るなら市道沖18号線(鳩乃湯)からの方が登り応えがある。沖里河山から縦走する方がきつい登りが無いので楽だと思う。イルムケップスカイライン(林道)を歩き縦走する選択肢もある。
市道沖18号線(鳩乃湯跡)コース
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 市道沖18号線に入り、イルムケップスカイライン入口(鳩乃湯跡手前)を目指す。イルムケップスカイライン入口の手前に待合川に架かる橋があり、その手前に駐車場と登山口があった。縦走も視野に入れて、鳩乃湯跡の駐車場に駐車し、準備をしていたら霧雨が降ってきた。そのうち上がるだろうと思いながら登山口に向かう。
 国土地理院の地形図  GPSトラックは山の地図帳「2012.6.12」へ 周辺地図
 6月12日 <2012(H24)年 登り2:04 下り2:28>
 入口にはコースの案内板が立っていた。良く見ると、音江山は音江連山登山コースから外れているようだ。登山道に入ると、草が茂りだしていた。一瞬、この先大丈夫かなと不安がよぎるが、要所要所に登山コースの看板もあり、良く整備された道になっていて安心する。上から、膨らんだリュックサックを担いだ男性が早々と下って来る。それを見た愛棒は、タケノコに期待を膨らませているようだった。
案内板 入口 草が茂りだし コースの看板
 道端にはフッキソウ、タチツボスミレ、スダヤクシュが咲いている広い登山道を登って行く。急登を乗り越えると、剣山の看板が立ち、山頂へは踏み跡が付いている。山頂へは待合川沿いの広い林道が合流しているはずなので、帰りに登って見ようと思う。
スダヤクシュ(大×) 広い登山道 剣山 標識
 剣山からは細尾根の岩の道になるが、一コブ越えると下り気味になり平らな道を辿って行くので一息つける。目の前には、われわれよりも遅いペースで登っている男性がいて、珍しく追い越してしまう。
 倒木を交わして、登って行くと、急登が待ち構えていた。人の話し声を聞きながら急登をクリアすると無名山の分岐に上がる。分岐には、3人の登山者がいて、太いタケノコを持っていた。愛棒は驚いて、何処で採ったのか聞いていた。音江山へ行けば採れると聞いて、早々に分かれて、タケノコを目指す。タケノコは採った後なので、大きく伸びたのしかないので、それでも採りながら登って行く。赤平側からはラジオのスピーカが大音量で鳴っているのでタケノコを採っているのだろう。
平らに 倒木が 無名山分岐 音江山へ
 笹の生い茂った登山道だが、オオアマドコロも咲いていた。タケノコで膨らんだリュックサックを担いで、山頂に到着する。山頂には一等三角点の入霧月峰が鎮座していた。一等三角点だけあって流石に大きく、その上、縁をコンクリートで固められていた。昼食には早いので、三角点を囲んで麦芽風味の炭酸飲料を飲む。飲み終えて、記念写真を撮そうとしたら、追い越した男性が到着した。この男性は地元らしく、毎年登っているという。音江山は沖里河山から登るよりも、下から登る方が山らしいと言っていた。剣山に延びる待合川沿いの林道のことを聞いたが、残念ながら知らなかった。夏山ガイドを全巻揃えて、登山を楽しんでいるようだった。
オオアマドコロ(大×) 山頂 入霧月峰 記念写真(大×)
 山頂から北へ延びる踏み跡があったので、辿ってみようかと入ってみた。笹薮は行きは順目だが、帰りは逆目なので、早々にギブアップして戻る。男性とあいさつを交わして、先に下って行くと、霧が上がり始めた。タケノコも目が慣れてきたのか、取り残しが見えるようになってきた。タケノコを採っていると、先ほどの男性が下山をして行った。取り残しを探すので、時間がかかり縦走どころでは無くなっていた。ようやく、コブに辿り着き、倒木を交わして下って行く。
下る 霧が上がり コブ 倒木を
 再び、分岐に到着し、真っ直ぐ急斜面を下ることにする。足元をよく見ないとスリップダウンするので、タケノコ採りは禁止にしたが、愛棒はよそ見をして、転んでしまう。急傾斜を下りきると、大きな枯れ木があった。木立越しに石狩平野が望めるようになる。
再び分岐 急傾斜を 大きな枯れ木 石狩平野が
 採石場越しにも石狩平野が望めるところもあった。剣山の手前で、登り返して分岐に辿り着く。ここで、山頂へ少し登って見るが、愛棒が心配しているようなので、途中で引き返す。再び、急傾斜を下り、平らになりだすと採石場越しに石狩平野が望まれた。登山道がぬかるんで来るとエゾキンポウゲも咲いていた。
採石場越しに平野 剣岳分岐 採石場越しに平野 エゾキンポウゲ(大×)
 帰りに、イルムケップスカイラインを登って行くと、道路工事のためにゲートが閉まっていた。待合川沿いの林道のゲートは開いていた。
イルムケップスカイラインコース(未踏)

 アクセス
 深川インターチェンジから深川豊里線(道道79号)のを登ると、深川スキー場があり、リフトが見える道路沿いから、イルムケップスカイラインに入ると直ぐに立派な看板がある。沖里河山から無名山経由で縦走できる。

二人の山行記録もくじ6へ   次沖里河山・無名山・剣山へ    アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2012(H24)年6月12日 霧雨・曇り 登り2:04 下り2:28
 
8:39登山口駐車場→9:15剣山→9:57無名山分岐→10:43山頂10:55→12:24無名山分岐→12:06剣山→13:23駐車場