中鶴根山(678.1m)

 ポイント
 頂上の展望台に上がらなければ全く展望が得られない山だ(2003年7月21日現在展望台は閉鎖されている)。
旭川市21世紀の森コース

 アクセス
 旭川から旭山動物園の北を通って瑞穂旭川停車場線(道道195号線)を走り、「道立旭川市21世紀の森(ログハウス・タルハウス)」を目指す。駐車場へのゲートが開くのは遅く9時30分だったが、9時一寸前に開いた。
 国土地理院の地形図 周辺地図
 7月21日 <2003(H15)年 一周3km 2:03>
 21世紀の森のゲートが閉まっていたので、仕方が無くゲート前の空き地を見つけて停める。身支度をしていると、1台の車がゲートをアッと言う間に空けて入っていった。一応、ゲートが本当に開いたかどうか身に行くと開いていた。どうやら、職員の車だったようだった。
 早速、車で中の駐車場まで行く。中に入ると舗装された駐車場がありログハウス風の建物がある。その建物を巻くように2号観察路が山頂方向へ延びている。
ログハウス風の建物 トイレや物置? 2号観察路
 その道を辿って、1号観察路から森を一周して帰ってくることにした。施設の前で、職員がいたので、登山届があるか聞いてみた。別に無いと言い、展望台は今登れないと付け加えた。道端には、エゾアイジサイ、ヤグルマソウなどが咲いていた。
山頂まで100km エゾアジサイ(大×) ヤグルマソウ(大×) (大×)
 始めは幅の広い登山道を登って行く。標識も要所要所に設置されている。やがて、丸太の階段が現れる。これが、頂上まで殆ど途切れることが無いくらい続いていた。一番驚いたのは喫煙所の多いことだった。よっぽどタバコの好きな職員がトップにいるのではと思う。防火用水も完備している。
木段が現れる 頂上まで610m 熊に注意の看板 喫煙所
 道端のニガナ、ウバユリを見ながら登って行くと、青色の展望台が見えてくる。山頂に行ってビックリしたが、ロープを張って展望台はおろか、山頂標識まですら行くなと言っているようだった。しかし、どうみても、今すぐ、展望台が倒れるようには見えなかったので、山頂標識のところまで行き記念写真を撮す。
ニガナ(大×) ウバユリ(大×) 展望台が見えてくる 山頂(大×)
 展望台の階段はバリケードが張られ、登ることを禁じていた。今日は天気が良かったので、登れれば大雪山が見れたのではと思う。帰りは1号観察路を下る。丸太の階段にはトンボが止まっていた。
閉鎖されている展望台 1号観察路を下る トンボ(大×)
 相変わらず丸太の階段は続く。途中で丸い頭のギンリョウソウがあった。階段が無くなると、愛棒が土色に色を変えているカエルを直ぐに見つけたが、私は全く見えなかった。
道路に出る ギンリョウソウ(大×) 階段が無くなる 忍者カエル(大×)
 1号観察路の道標に従い、駐車場へと向かう。
1号観察路の標識 駐車場へ帰る

二人の山行記録もくじ7へ   次旭岳へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2003(H15)年7月21日(月) 晴れ 2号観察路から1号観察路で一周約3km 2:03
 8:56駐車場→9:03頂上1000m→9:13頂上610m→9:28頂上250m→9:37頂上9:47→10:00頂上230m→10:18頂上690m→10:25頂上1000m→10:36頂上1300m→10:38頂上1430m→10:47頂上1840m→10:59駐車場