百松沢山505m峰・480m峰              OK
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 ポイント
 源八の沢の林道はスノーモビルランドのコースになっているので、衝突等の事故に注意すること。505m峰の頂上は藪で残念ながら市街地は木立越しに少し見えるだけだ。岩崖の手前にあるコブ480m峰は小さな岩峰があり岩崖の山頂を良く見ることができる。
505m峰(採石跡)
源八の沢コース

 アクセス
 西野から手稲左叉通りを真駒内方向へ行き、盤渓手前のカーブのところにリゾート札幌(スノーモビルランド)がある。そこを右に曲がると、採石場のゲートがあり、左側に駐車できる場所がある。
 国土地理院の地形図 周辺地図
 1月17日 <2004(H16)年 スキー 登り2:37 下り1:06>
 ゲートをくぐり、すぐ右の林道に上がると百松沢山スキー登山案内板(札幌地方山岳遭難対策協議会)がある。もう古びて用が足さないのではと思う。林道はスノーモビルのコースと化していて油くさい。林道を辿ると砂防ダム(源八の沢川2号砂防ダム)が現れ、その奥にシルバーザッテル(765m)が見えてくる。砂防ダムのところの分岐は左右どちらでも良いが、登りは左が無難だと思う。やがて、西野の分岐があり、それを真っ直ぐ右に行く。西野からは平和霊園にある採石場を通らなければならないが、ゲートがあり通行不可だ。登って行くと峠になり、真っ白な手稲山がネオパラ山と共に見えてくる。
スノーモビルコース(林道) ワレ山と砥石山を望む 砂防ダムとシルバーザッテル 峠から手稲山を
 一応、スノーモビルコースとなっている擂鉢状に採石跡のある中を辿ってみるが、頂上へは登れそうにないので、戻って峠から505m峰に取り付く。木の無い途中の景色は結構良く、シルバーザッテル(765m)、岩崖、手稲山、西峰と見える。直ぐに、藪に突入するので、スキーが思うよう動かせない。
峠から505m峰に シルバーザッテルを望む 岩崖と480m峰 手稲山を望む
 とうとう、スキーを脱いで、ツボ足で登りだすと、尾根は細いながらも雪庇を伴ってなだらかになる。市街地からは見えないが採石の跡が段段になっている。頂上に着くが市街地は木立越しに見えるだけで迫力が無い。、シルバーザッテル(765m)、岩崖と480m峰は良く見える。びている稜線を良く見ると、稜線の上にも岩がるのと山頂近くに抉れたギャップがあるので、最後の尾根に上がるのを諦めた。
セッピが付いた尾根 採石の跡 頂上 シルバーザッテルを望む
 峠に下りると、まだ時間があるので、岩崖に近づけるだけ近づこうと尾根を登る。コブを一つ超えると木が全く無い場所にでて、石狩湾や増毛が一望できた。これが過ぎるとまた藪に突入し、ジグを切って登る。やがて平らになり、下りかけたところに小さな岩塔があった。ここから、岩崖の真っ白に尖った山頂が見える。山頂から伸びている稜線を良く見ると、稜線の上にも岩がるのと山頂近くに抉れたギャップがあるので、最後の尾根に上がるのを諦めた。
岩崖と530m峰 石狩湾と増毛 480mの岩塔から岩崖を望む
 帰りは新雪の上に木々の細い影が投影され綺麗だった。樹氷もまだしっかりと枝に付いていた。改めて採石跡のある505m峰と峠から西野方向を見て帰る。
 帰りのスノーモビルのコースは轍が深く硬いので、コントロール不能となり何度も転ぶ。
木々の細い影 崩れた雪庇と樹氷 採石跡の505m峰 西野を望む

山行記録冬山2へ   次百松沢山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2004(H16)年1月17日(土) 晴れ スキー 登り2:37 下り1:06
 駐車場所7:57→砂防ダム8:11→分岐(左)→分岐合流→西野分岐(右)8:46→峠8:53→9:30頂上9:41→峠9:54→10:34530m峰10:38→峠11:08→(スノーモビル発進待ち)駐車場11:44