五天山石仏群

 ポイント
 五天山の中腹には五天山神社があり、石仏群や石碑が鎮座している。山頂の奥の宮は空っぽだった。

 アクセス
 西野真駒内清田(道道82号)線の福井に西陵高校がある。その西側の道を登って行くと、五天山の登山口になるが駐車スペースが無いので、高校の近くに路駐することになる。
 国土地理院地図  周辺地図
=写真をクリックすると大きくなります=
 五天山神社の入口には「五天山入口」の石柱がある。その道を登って行くと、五天山神社が見えて来る。境内に入ると、左側に三界萬霊塔や2基の馬頭観世音が鎮座している。大きい馬頭観世音の碑陰には昭和29年9月建立と刻まれていた。
五天山入口 五天山神社 三界萬霊・馬頭観世音 馬頭観世音
 その上に、石仏群があり、台座には番号が刻まれている。
石仏群 第1・2・3番 第4・5・6番 第6・7・8番
 
第9・10番 第11・12番 第13・14・15番 第15・16・17番
 
第18・19・20番 第21・22番 第23・24・25番 第26・27番
 最後の33番目の石仏は祠に納められていた。番外の石仏もある。
第28・29・30番 第30・31・32番 第33番 番外
 一番上奥の建物には、由緒書きがある。どうやら、地蔵堂のようで、中に弘法大師や薬師如来像が収められているようだ。入口に戻りかけると、五天山開山10年記念碑があり、碑陰には昭和20年8月25日建立と刻まれていた。入口には井上弥一郎翁の石仏なのだろうか祠の中に鎮座していた。
 神社から山道を登り、山頂に辿り着くと、奥宮はあるが、祠の中は空だった。
由緒書き 開山10年記念碑 開祖の石仏 奥の宮
地像堂の由来
 歸命頂禮(きみょうちょうらい)ありがたや 平和福井の五天山
 紫雲(しうん)たなびく霊山に 昭和二十二年の
 八月の二十四日 衆生集(しゅうじょうつど)ひて安置せる
 霊顕(れいけん)あらたの大師尊 難産救ふ慈悲厚く
 子安弘法と仰がるる 由緒(いわれ)も深き御佛ぞ
 大師の利益無邊(りやくむへん)にて一度順拝する者は
 有縁無縁の(わかち)なく難病不遇になやむ身は
 あまねく人をりさいせん眞言(しんごん)秘密の法力は
 旱天降雨(かんてんこうう)を調和して五穀の種を結ばしむ
 平和福井の守護佛 後世永く念ずべし
 南無や大慈の大師尊南無や大慈の大師尊

 子安弘法大師
 弘法大師
 薬師如来  ここに安置

 五天山             西尾康一記

散歩路もくじ2へ   次旭山記念公園へ   北の探歩訪へ

 散歩記録
 2016.8.19