元服山(477.2m 三角点名:大登)中登山(420m)
=大黒山円峰を構成するピーク=

 ポイント
 訪れる人の少ない低山だが、晴れていれば山頂の南側から羊蹄山や本倶登山が望める。中登山は内輪山(円峰)で唯一木立に邪魔されない展望が開けている。
アリスファームコース
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 赤井川市街から道道36号線で冷水峠方向を目指すと、日の出から目の前に元服山が現れる。
 アリスファームを過ぎて、右折し、アリスファームの門柱の前に駐車スペースを見つけて駐車させて頂く(犬の糞を踏まないように)
 国土地理院の地形図        周辺地図
日の出から
アリスファーム林道コース GPSトラックは山の地図帖「2010.4.17」へ
 3月7日 <2011(H23)年 登り中登山経由2:35 下り37 スキー>
 帰って来たときに踏まないようにと、除雪終点近くに点在する犬の糞に雪をかけて準備に取り掛る。林道の入口には雪の壁があり、上がれなかったので、畑の取り付き道路から入る。畑からは大黒山や丸山の奥に銀山が良く見える。電柱の立った道を、ジグを切りながら登って行くと、林道山梨線に突き当たる。
除雪終点 大黒山 銀山 山梨線T字路
 山梨線は冷水峠から、元服山の山腹を通って、赤井川沿いの小登や大登山の登山口に繋がっている。林道は緩傾斜で、大黒山をバックに楽々登って行く。単調な林道を辿って行くと、三角点「小登」の北西にある420m峰が真正面に見えて来る。その上にパラグライダが2つ目の様な形で空中散歩をしていた。雪面にはリスの足跡が慌しく通過していた。
山梨線 大黒山をバックに パラグライダ リスの足跡
 林道は366mのコルに到着する。コルからパラグライダが間近に見えたので、420m峰に寄ってみることにする。途中で振り返ると小登山や大登山が見えていた。小高い所にパラボラアンテナが見え出す。
366mのコル 420m峰 小登山・大登山 パラボラアンテナ
 パラボラアンテナが建っているだけあって、中登山は見晴らしが良く、赤井川のカルデラの中に左の丸山、右の北丸山が良く見える。外輪山の銀山、稲穂嶺、累標岳が連なり、その奥に八内岳が覗いている。内輪山の最高峰になる大黒山も良く見える。
 しかし、われわれが着いた時には、パラグライダの二人連れの姿はなく、スキーのシュプールがカルデラ目掛けて付いているだけだった。
                     ←大
        丸山          銀山   稲穂嶺 累標岳 八内岳  大黒山 
 後ろを見ると、小登山、桃内毛無山、大登山、無沢、北上沢が連なっていた。山頂で一息入れようと、敷物を敷き座るが、風が強くて直ぐに退散することにした。
                     ←大
    小登山       毛無山  大登山          無沢                      北上沢
 吹流しと記念写真を撮し、中登山の最高地点を踏んで、シールを付けたまま滑り降りる。今度は、366mのコルから元禄山へと林の中を登って行く。
吹流し パラボラアンテナ 滑り降りる 林の中を登る
 一汗かくと平らになり、展望の無い林を辿って行くと、平らな山頂に到着する。山頂は、展望が無いので、カルデラの方向に少し下ると展望が開けている所がある。外輪山の三角山、内輪山の大黒山が見えるが、羊蹄山は見えていなかった。昼食をとりながら、羊蹄山が現れるのを待つが、山麓が見えるだけだった。
 帰りは、登って来たトレース通りに下って行くと、木立越しに蘭島の海岸が見えていた。長い林道滑りは、初心者には楽しい滑りだった。
三角山 大黒山 蘭島海岸 林道を下る
 =中登山=
 麓からパラボラアンテナが見え、山頂が真っ白に目立つ存在だが無名峰だ。北の元服山が三角点名は大登、この山の南には三角点名の小登があり、その間なので中登山とした。
 アリスファーム沢コース GPSトラックは山の地図帖「2010.4.17」へ
 4月17日 <2010(H22)年 登り1:14 下り32 スキー>
 外壁がコロニアルの最終人家の奥に道が延びたいたので、舗装道路を登って行く。道端には犬の糞が転がっているので、細心の注意を払って踏まないように歩く。雪の上でスキーを履き、振り返ると内輪山の南端に位置する丸山が見えていた。畑越しには大黒山の西峰が望める。雪面には木の枝が落ちているので、帰りのことを考え出来る限りストックでクリケットの要領で除去する。地図の通りにジグを切って登って行く。
最終人家 丸山を 大黒山を 林道を登る
 林道のT字路から、山腹に延びている林道に入ろうと思ったら、除雪されていた。今日のお目当てだったなだらかな林道下りは、はかなく消える。少し気落ちしたが気持ちを立て直して、一番傾斜の緩い、沢沿いからコルへと登って行くことにした。途中、雪面にミステリーサークルが現れる。初めて見る直径1m位の小さなミステリーサークルに暫 し見入る。コルに辿り着いたら、アラブの斬首刑にされたような死んだ林があった。
除雪された林道 沢沿いを登る ミステリーサークル 斬首の木々
 おかげで、少し展望が開け、大黒山の西峰、積丹岳、尻場山が覗けた。コルから、南側は根暖溜りが始まり、融けた雪の穴が目のようなので北側を辿る。傾斜が緩むと山頂直下の林になり、展望は期待できないと思われた。
大黒山を 積丹の山々を 尻場山を 山頂直下
 山頂に着いても林の中で、何処が山頂なのか判別できない。林の中の山頂で休む気にもなれず、展望の開けたところを探す。少し南側に行ってみると、木々がなくぽっかりと空いた空間がある。そこへ行って見ると、なんと、羊蹄山が真正面に見える。羊蹄山の前には本倶登山、左には余市岳、右には大黒山が見える。ここで、休憩することにして、早速、この頃は休肝ビールと呼ばれている0.00%の麦芽風味炭酸飲料とココアを飲みながら、暖かな雰囲気に包まれながら少し霞んだ景色を楽しむ。
山頂 羊蹄山 大黒山 余市岳
 羊蹄山と記念写真を撮し、山頂を後にする。帰りは枝が邪魔だが、緩んだ雪面滑りを楽しむ。ミステリーサークルもすっかり暖かさで融け出していた。駐車地点に戻ると、本倶登山越しに羊蹄山が見えていた。
余市岳と記念写真 林を滑る 融けてしまったサークル 羊蹄山を

山行記録冬山1へ   次小登へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2011年3月7日 曇り 林道コース スキー 登り2:35 下り37
 8:43アリスファーム門→9:16T字路→10:07コル366m→10:26中登山10:40→10:47コル366m→11:32頂上12:08→12:23コル366m→1236T字路→12:45アリスファーム門
 2010年4月17日 曇り 沢コース スキー 登り1:14 下り32
 8:32アリスファーム門→9:01除雪された林道横断→9:24コル→9:46頂上10:41→10:53コル→11:01除雪された林道横断→11:13アリスファーム門