富良野西岳(1330.9m) 北の峰(1084m) 山頂OK

 ポイント
 富良野スキー場で本格的に夏山の開発を行ったようで、5コースの紹介をしている。体力に合わせた楽しみ方ができるが、高山なのでそれなりの装備は必要だ。ロープウェイ山頂駅に木の香りのするレストラン:ダウンヒル(2015年現在夏季は営業していないようだ)があり「ホワイトカレー」が食べられるのは少しリッチな気分になり楽しい。
 沢コースは頻繁に結構な水量の川を渡ることになるので、ステップする岩を見つけるのに苦労する。おまけに、岩が滑り易く気が抜けない。ストックを使うとバランスが取り易いかもしれない。
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
沢→スキー場コース

 アクセス(カーナビ入力;富良野スキー場0167-22-1111)
 御料基線を南下し、新富良野プリンスホテルをやり過して直ぐに、5線になり「北の峰ハイツ・学園」の標識と「北の峰学園」の石碑があり右折する。道は未舗装になり二股になる。今回、旧夏山ガイドに従い、この二股に駐車したが、右の道を辿ると登山口入口まで行ける。二股から直進する道は倒木があり、徒歩では行けるが車では無理だ。登山口の入口と少し入った所にも駐車可能なスペースがある。道は砂防ダムに突き当たり、その右側に登山届ポストがあった。
 新夏山ガイドに従い、新富良野プリンスホテルから行く方が無難なようだ。
5線の取り付き 二股の道 登山口の入口 登山届ポスト

 国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帖「2006.10.14」へ
 10月14日 <2006(H18)年 登り沢コース3:04 下りスキー場コース1:34>
 登山届けを済ませ、砂防ダムの肩に上がり乗り越す。地図では名前の無い沢だが結構な水量がある。この沢の名前は登山口の入口にあった看板では「四線川」となっている。四線川左岸の登山道は最初は林道跡なのか良い道だが、だんだん荒れてきて、草が繁茂した所もある。倒木を跨ぐ時に、フキに隠れた折れた幹に右足の間接を嫌という位ぶつけ飛び上がる。
 ピンクテープが垂れているので、登山道だと認識できるが、川の対岸にもピンクテープが垂れだす。
沢コースの看板 四線川の清流 四線川沿いの道 草ぼうぼうの所も
 普通の登山靴なので、どの石を伝って渡ろうかと思案する。石は苔が生えているので結構滑るので飛び越えることはせずに、慎重に選定し確実にステップする。平衡感覚が問われるところだが、杖やストックがあれば楽だと思う。最初は渡渉回数を数えていたが、何時の間にか忘れるほど渡渉を繰り返すことになる。途中で分岐する道が川を渡って行くが、どの地点だったか定かでなく、夏山ガイドブックでは合流できるように記載されている(未確認)。とにかく、登山道は四線川から離れることは無い。展望の利かない四線川だが、北の峰の真っ白な岩塔を望むことができるようになる。白さから石灰岩だと思う岩塔が良い目標になる。
渡渉地点 白い岩塔 渡渉地点 岩塔が近づく
 渡渉地点の水深が深いところがあり、危なく川に嵌るところだったが、なんとか木につかまり難を逃れる。
 白い肌の岩塔がグングン近づきだすと、四線川右岸には「仙人の泉」の標識が架かった穴があった。中を覗いてみると地下に水が流れ落ちていて、ホースからも水が勢い良く出ていた。
 やがて、登山道は川の真っ只中にピンクテープが垂れ下がってくる。もう登山道とは言えないくらいワイルドになり、沢登り気分を満喫させてくれる。沢登りをやれない私にとっては嬉しい限りだ。何時の間にか向かって右側の流れが枯れて左だけの流れになっていた。金鉱跡だという洞穴も出てきて覗いて見るがそんなに奥行きが無い。こんな山奥に金鉱を見付けた人は凄いと関心する。
 沢登りもどきは何時の間にか「←西岳方向2時間15分」の標識で終わる。この標識の所で、GPSを見て距離では2/3来たが高度ではまだ1/3位なんだと実感する。
仙人の泉 沢の中の道 金鉱跡 標識
 これから、沢から離れて尾根に取り付く急登が始まる。丁度、休んでいた3人グループを追い越す形になった。一息入れようと振り返ると待望の真っ白に冠雪した十勝連峰が望まれた。目印となっていた北の峰の岩塔と同じ位の高度となり、一気に登ったことが実感できた。十勝連峰に続き、更に真っ白な大雪山が望まれるようになり、何時の間にか顔がほころんでいた。次いで、大雪山と十勝連峰が最初は木立越しだったが、高度が上がるにつれて丸見えになる。
冠雪した十勝連峰 北の峰の岩塔 大雪山を望む 大雪山と十勝連峰
 登って行くと「見晴台山頂まで50分」の標識が出てきた。地べたには古い見晴台の標識が、役目を終えて横になっていた。この標識で、主稜線に上がったことが実感できた。大雪山と十勝連峰が一段と大きく見えるようになる。登るに連れて登山道は薄っすらと雪化粧していた。山頂が見え隠れするが、山頂かと思えばまたコブで地図ではわからない幾つかのコブを乗り越えながら辿る。
標識 大雪山と十勝連峰 薄っすらと雪化粧 手前のコブ越しに山頂を
 十勝連峰の右に気になる山影が見えたがウペペサンケかもしれないと思う。コブの肩越しに、山頂が見えるよりも前に、芦別岳の勇姿が食み出て見えるようになる。ようやく山頂標識の立った山頂が間近になる。山頂直下から振り返って、大雪山と十勝連峰を撮す。
ウペペサンケ? 芦別岳 コブ越しに山頂 山頂直下大雪・十勝
 山頂を見上げると山頂標識の所に人が居るのが良く見えた。山頂に到着すると以前無かった山頂標識が立っていた。その前でご婦人が座ってお湯を沸かしていた。あいさつを交し山頂に上がると、2人の男性が談笑していたがスモーカーだった。煙が来ないように狭い山頂の風上に陣取るが、時折、煙たくなる。折角の良い空気が台無しになる。
 隣の芦別岳や青空の下に真っ白に冠雪した大雪山や十勝連峰が望みながらオニギリを頬張る。キョロキョロ見ていると、大雪山の左側に冠雪した山々が望まれたが暑寒別岳かもしれない。
山頂を望む 山頂 芦別岳 暑寒別岳
 小春日和の山頂も、時折吹く風はやはり初冬の風で冷たい。オニギリを持っている手が凍えるので、毛糸の手袋に手を潜り込ませる。旅行中の愛棒に大雪山と十勝連峰を撮し、写メールをする。直ぐに、返事が来て白いのは雪かと聞いてきた。
                     ←大
                大雪山              十勝連峰
 芦別岳方向はちっと逆光になるが、芦別岳、松籟山、布部岳、残念ながら、崕山(キリギシ)は布部岳に隠れて見えなかった。
                     ←大
           芦別岳  松籟山                       布部岳
 下山しながら、山頂を振り向いて見ると、十勝連峰が岩に刺さっているように見えた。稜線からも大雪山や十勝連峰が丸見えだった。以前来た時に、木の幹にぶら下がっていた岳鈴や狐鈴だと思っていたが、どうやら鐘だった。岳鐘は見落としたのか目に入らなかったが、狐鐘は看板のみで鈴の様な鐘がぶら下がっていなかった。
 リフトの出口には三角の赤い布がぶら下がっていた。リフトの山頂駅からロープウェーの山頂駅に向かって下るが、ここも驚くほど景色が良かった。
山頂を振り向く 稜線から大雪・十勝 ゲレンデから ロープウェー山頂駅
 紅葉したゲレンデを転がるようにして下って行くと、一気に高度が下がって行く。紅葉越しに富良野西岳や十勝連峰を振り返る。新富良野プリンスホテル越しに見える大雪山と十勝連峰も中々綺麗だった。登山口の入口に着くと1台が駐車していた。
富良野西岳 十勝連峰 新富良野プリンス 登山口の入口
 =迷走=
 今日は、夕張岳の凍った湿地を見ようと夕張のペンケモユウパロ川沿いの林道を進むと、既に林道のゲートは閉ざされていた。開放されている時期は年により異なり、今年は6月26日で、閉鎖時期は毎年9月30日までのようだ。
 詳しくは、空知森林管理署0126−22−1940と書かれていた。また、林道をヒュッテまで歩くとしたら、片道9kmとのことなので、止めることにし、富良野西岳へ転進した。
ゲートが閉じていた
富良野ロープウェイコース

 アクセス(カーナビ入力;富良野スキー場0167-22-1111)
 新富良野プリンスホテルを目指す。ホテルの駐車場に停めて、ロープウェイまで少し歩く。ロープウェイの夏営業は6月14日から10月13日(平成15年)、往復大人1,800円だ。高いか安いかはその人の価値観だと思う。体力の無い人には強い見方だ。
 9月28日 <2003(H15)年 登り1:55 下り1:43>          北の山游詩:紅葉の浮遊
 ロープウェイに7時30分に着くが、霧雨が雨に変わっていたので、即座に断念し、代わりの山探しに迷走するが適当な山が見当たらず、天気が回復したので舞い戻った。
 ロープウェイに着くと天気は上がっていた。一人1800円を払い、10時40分発のゴンドラに乗る。ゴンドラは流石に101人乗りだけあって立派で大きい。ゴンドラは従業員1人とわれわれ二人の乗客を乗せて出発する。途中の景色は紅葉真っ最中だ。紅葉の写真を撮ろうとするが、ゴンドラの窓に水滴が付いていて、思うようにならない。それでも、水滴の付いていないところを選んでシャッタを押してみた。
ロープウェイの山麓駅 山麓駅を 山の紅葉
 登っているときは富良野市街が見えていたが、山頂駅が近づくにつれ霧が濃くなり、最後は霧の中に入りゆっくりと止まる。出入り口近くの登山届に記入して、駅舎を出ると霧が濃く、隣のレストランも容易に確認できない。登山口も見えないが、上の方だろうと進んでみると、それらしきところがあり、2つの標識とその脇に熊鈴がぶら下がっていた。
富良野市街を 山頂駅に着く 熊鈴と登山口 紅葉
 右は富良野西岳、左は観天望気の峰の標識だった。この標識の真中に真新しい登山道が伸びている。平らな尾根筋というから来てみたら結構急なので、相棒の膝に負担がかかるようだ。後で分かったことだが、ゲレンデからも行けたようだ。霧の中を登って行くと、鎖が固定された木段がでてきた。木段を上りきるとT字の分岐になり、その真中に道標が右は富良野西岳、左は観天望気の峰へを指していた。われわれは西岳を選び進むと、傾斜は前よりも緩くなりほっとする。気のせいか明るくなり、天気が上がるのではとの期待を持たせた。依然として展望は無いが、付近の紅葉は見事でそれだけでも満足だった。
観天望気の分岐 尾根道
 リフトが見え出すと、登山道脇に潰れた小屋があり、折角の景観が台無しだ。この小屋跡から下りると、ゲレンデを登ってくる登山道と合流する。この分岐にはいくら探しても道標がないようだった。アップダウンを繰り返しながら、尾根道を辿ると霧の中から紅葉した山肌が突然見え、いっそう紅葉が見事に浮き出てきた。尾根道も所々に紅葉のトンネルとなり、真っ赤や黄色の中を進む。
突然山肌が ヨツバヒヨドリ 小屋跡 ゲレンデ分岐
 時折、頂上も姿を見せてくれる。晴れていれば、頂上をずっと見ながら登って行けると思うと一寸悔しい。それでも、振り返ると東側が剃り落ちた北の峰が紅葉に包まれたり、雲に隠れたりしていた。当たり前の話しながら、花の時期は過ぎてしまっていたが、愛棒が狂い咲きの小さなスミレを見つけた。
紅葉の登山道 北の峰を振り返る
 紅葉の中を辿って行くと、愛棒が狂い咲きの小さなスミレを見つけた。
真っ赤な紅葉 狂い咲き(大×) 紅葉の登山道
 紅葉の尾根道を振り返ると登ってきた三角の形をした1124mのコブが良く見えていた。途中に狐鈴がぶら下っていた。
 急に天気が悪くなり、雨が降り出したので、相棒はカッパを着る。私は余り強く降っていなかったので、折りたたみの傘でしのいだ。すぐに雨が止み、また、紅葉が見え出した。1237mPを横に見ながら登って行く。
1124mPを振り返る 登山道 狐鈴 1237mのコブ
 沢を2つ越えると、登りになり、岳鈴がぶら下っている。これから最後の登りになる。愛棒は来たことを仕切りに悔やむ。よっぽど膝が痛くなってきたらしい。最後の急登を登りきると尾根道になり、目前に岩山が顔を出す。愛棒はあんな岩は登れないので、ここにいると言う。よく見ると岩を登るのではなく、尾根を辿ると頂上に着くので、一緒に登った。
岳鈴 尾根へ 山頂直下の紅葉 山頂を目指す
 頂上は三角点があるだけで、山頂標識はない。久しぶりなので、山頂の記念写真を撮るが、セルフタイマのセットの仕方に手間取る。先客が女性2人いて挨拶を交わし、三角点の所に座り山頂での昼食を楽しむ。
山頂が見え 真紅の紅葉 もう一息で山頂 山頂から振り返る
 実は、今日の昼食は山頂のレストラン「ダウンヒル」(2015年には営業していないようだった)でホワイトカレーのはずだったので、おにぎりは無く、ノンアルコールビールとソーセージの質素なものだった。食事をしていると今まで晴れていたのに霧が広がってきた。晴れている間、頭の上で群れ飛んでいた小さな虫も何処かへ行ってしまった。もう回復はしないと思い、早々に引き上げる。
1237mのコブ 山頂(大×) 山頂の斜面 山頂を後に
 雨が降り出しそうなので、早く下りたいが、愛棒の膝の具合が悪いので、極力ゆっくり下る。雨が降っていたので、足場も悪く、滑り易く転ばないように気を使う。ゲレンデの分岐を過ぎると、一段と雨が強く振り出す。
綺麗な紅葉 紅葉のトンネル ゲレンデ分岐
 ゲレンデの分岐には目印のリフトがあった。ようやく、観天望気の峰の分岐が現れた。観天望気の峰には帰りに寄ろうと思っていたが、それどころではなかった。分岐から木段を下るときは慎重に下る。ゴンドラ山頂駅からは15時出発のアナウンスが聞こえてくるが、間に合わないので、ゆっくり下りる。
 山頂駅に着き、昼食抜き状態だったので、レストランに入る。レストランの入り口で泥を落としてくれと言われたが、靴の洗い場もなく、玄関マットに擦り付ける。それでも汚かったので、スパッツを取り、玄関先に置くき、ようやくホワイトカレーにありつけた。雰囲気の良い山小屋風のレストランはわれわれと一組の親子連れだけだった。このレストランでワインを飲みたいと思った。
目印のリフト 鎖場を下る レストランへ直行 ホワイトカレーを待つ(大×)
 帰りにパン屋があったので、登山靴を履き替え買いに行く。中は暖かく体が冷えていたのに改めて気が付く。帰りの車中でパンをほお張りながら帰る。
 今日の回収ゴミはアルミ缶2個、チョコバーの袋1、飴の袋2だった。
 =迷走=
 ロープウェーに7時30分に着くも、霧雨が雨に変わっていたので、即座に断念し、代わりの山探しに迷走する。
 手始めにイルムケップ山の登山口を探しに赤平へ行く。赤平百戸東を右往左往すること5回、仕方が無く誰も居ない町で動いている人を見つけて、訪ねると東京から遊びにきていたらしく知らないという。子供はおじいちゃんに聞いたらと、呼びに行く。私もその後を追うと、脱穀していた。
 古い夏山ガイドの写真を見てもらうと、懐かしそうに見て、右の家も棒杭ももうないとのこと。橋の手前から舗装道路を入って左側を行けば橋が2つあるからわかるとのことだった(今は分岐の反対側に「百戸簡易教育場跡」の棒杭がある)
 われわれも分岐まで行って来たのだが、標識が全く無いので、出直したところだった。
 教えられた道を辿ると、なるほど橋が2つある。2つ目の大谷沢2号橋を越えてブレーキを踏む。蓬が道を塞いで、車が可愛そうなので、止めた。蓬の無いときに来ようと思う。

 次にカムイリンクス(登れるか?)を目指し、芦別経由で行くことにした。芦別の手前で天気が上がったようなので、気が変わって、また、富良野西岳を目指す。
百戸簡易教育場跡 道標が無くなった(左へ) 舗装が切れたら左へ 大谷沢3号橋から
 十一線コース(未登)

二人の山行記録もくじへ   次富良野西岳・観天望気の峰へ    アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2006(H18)年10月14日(土) 晴れ 沢〜スキー場 単独 登り3:04 下り1:34
 8:06二股→8:16登山口入口→8:20登山口→9:29仙人の泉→9:40金鉱跡→9:44看板(西岳方向2時間15分)→10:13見晴台(山頂まで50分)→11:10頂上11:39→12:09狐の鐘→12:21ゲレンデ分岐→12:30山頂駅→13:04登山口入口→13:13二股
 2003(H15)年9月28日(日) 小雨、霧 富良野ロープウェイコース 登り1:55 下り1:43 
 10:57山頂駅登山口→11:09観天望気の峰分岐→11:30ゲレンデ分岐→12:12狐鈴→12:46岳鈴→12:48尾根→12:52頂上13:12→14:23ゲレンデ分岐→14:39観天望気の峰分岐→14:55登山口