中央公園(標高53.3m) 不入斗公園
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 横須賀市文化会館を目指すが、道標が無いに等しく、徒歩でも車でも難儀する。展望は素晴らしいく、ウォーキングコースにもなっているようだ。
 国土地理院の地形図 周辺地図
コース案内
 中央公園 <H.2210.11>
 何とか、横須賀市文化会館の駐車場(1時間無料)に到着する。係員に中央公園の行き方を聞くと、知らないというので、高みを探しながら歩く。今日は、コスプレの大会でもあるのか面白い格好の人々で溢れていた。目の前には自由の女神と題した石造が踊っていた。博物館の方へ折れると公園の入口が見えて来た。入口には石段やスロープがあるが、スロープの道を進んで行く。登り切ると戦没者慰霊塔が静かに佇んでいた。海側が断崖絶壁なので、この山も要塞だったに違いないと思いながら、その分景色の良いことに感謝しながら海に浮く猿島を見る。
自由の女神 公園の入口? 戦没者慰霊塔 猿島
 占領軍のアメリカのデッカー司令官の銅像が照れくさそうな笑みを浮かばせて海を眺めているようだった。銅像の傍には頌徳文も添えられている。占領軍の司令官に感謝の気持ちを表して、銅像を建てる国は日本位ではないかと思う。頌徳文を読むと、納得できると思う。司令官が何処を向いているのか知りたくなって後ろからの景色を見てみた。猿島を直視はしていないが、アメリカ本国を見ているようだった。ッ街中から見えた大きなモニュメントが目の前に現れる。
デッカー司令官 頌徳文 司令官の見ている モニュメント
 大きなモニュメントに近づいて見ると核兵器廃絶・平和都市宣言のために建てられたことを知る。残念ながら、野心を持った民主的でない国々に囲まれた日本には遠い理想だと思う。
核兵器廃絶文 歌碑 中央公園の説明 モニュメント
 展望台からは、猿島を中心とした青い海が綺麗だ。観音崎が随分、長く見えるなと思ったら、房総半島が見えているようだ。
                     ←大
猿島を中心にパノラマが広がる
 展望から北側に少し下りると、三角点があり、その奥に龍本寺と思われるお寺が広がっていた。トイレ側に下って行くと戦争遺構と思われる構築物が見られる。広場に下りて見上げると遺構の全容が良く見えていた。
 遊具で遊んでいた孫と合流し、文化会館の裏から帰って行くと、防空壕だったと思われる穴が数か所見られた。
三角点 遺構 遺構 防空壕跡?
 帰りは、北側の道路を下ろうと思ったら、袋小路になり、敢無く、元来た一方通行の延長線を辿る。
 不入斗公園(いりやまずこうえん)<H.2210.11>
軍転記念の塔 説明
 中央公園を探していたら、迷って不入斗公園の前に着いてしまう。読めない公園名なので、行ってみたら公園の看板にもルビは振っていない。駐車場も満車なので、入口にあるモニュメントを見に行く。ミサイルの様な格好なのだが、近づいて見たら。最初、運転記念の塔と読んでしまう。書かれた内容を読んだら、軍転記念の塔だと知る。

散歩路もくじ8へ   次三笠公園へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2010.10.11