弁慶湯(三角点名:842.7m)      山頂ドコモOK Jホーン×

 ポイント
 第一支線分岐からコルへ取り付く尾根は地図では広葉樹だが、実際は針葉樹の植林地帯で、通過は不可能だ。このため、東側の沢を辿り、適当なところから尾根に取付いた。展望は最高。
本郷林道コース

 アクセス
 大滝村本町に国道453号線を挟んで「大滝基幹集落センター」と「温泉病院」がある。国道の北湯沢温泉方向に「集落センター前」のバス停があり、山へ向う。自転車道路を横切り、奥へ進むと、舗装が切れ除雪終点となる。
 国土地理院の地形図   GPSトラックは「2006.3.25」の地図帖へ 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 3月25日 <2006(H18)年 登り;2:57、下り;57>
 今朝、降ったと思われる新雪で化粧し直した林道を辿る。直ぐに、廃屋があり、「私有地に付き進入禁止」の警告看板が目を光らせていた。地図でも右に分岐するところだが、この看板のお陰で、真っ直ぐ進む。廃屋があるところを見ると、まだ本郷林道ではなく、一般道路のようだ。案の定、貧弱な開放されたゲートが現れ本郷林道になる。広い林道が左に大きく分岐するが、ここも真っ直ぐ進む。今度は、ヘアピンカーブが現れ、放牧地と思われる雪原に出る。真正面には弁慶湯と津軽実不(三角点名:823.9m)の中間にあるP800mが見えて来る。雪原を登って行くと、背後に徳瞬瞥山とホロホロ山が雄姿を現していた。なだらかな弁慶湯の山頂も目の前に現れる。
林道入り口 ヘアピンカーブからP800 徳瞬瞥とホロホロ なだらかな山頂を
 本郷方向から林道が右から合流し、T字分岐となる。この分岐にはタヌキの看板があり、起点から2kmと表示されている。この看板は合流してきた林道用のようだ。T字分岐からは真正面に山頂が望める。少し進むと、看板があり現在地表示がある。ここから第一支線が右に分岐する。
 この地点から尾根に取付きたいのだが、第一支線は法面が急なので、本線を少し進んで、針葉樹の植林地帯に入る。植林地帯に入ったは良いが、木が密生しているのと、木と木の間は木から落ちてきた雪がコブ状に固まり、中々手ごわい。仕方が無く、「津軽実不」側の沢を登ることにする。沢は所々に穴が開いているので、慎重に辿る。やがて、尾根は明るい林となったので、急斜面をジグを切って登り、ようやく尾根に取付く。
 尾根からはオロフレ山、ホロホロ山、徳瞬瞥山が望まれるようになる。尾根を一直線にP800mを目指して上がるが、薄っすらコルが左に透けて見えてきたので、トラバース気味に辿る。コルから少し急な斜面を登ることになるが、今朝方の嵐で新雪がシュカブラになっていた。木立越しに羊蹄山が見えるので始め北側寄りに登る。よく見ると、斜面にはスキーのトレースが固雪の上に数本浮き出ていた。
T字分岐から山頂を オロフレを望む ホロホロと徳瞬瞥 シュカブラと羊蹄
 ようやく、羊蹄山と尻別岳が合体した風景が木に邪魔をされずに写せた。竹山も貫気別山もニセコも見えるが、木に邪魔され写すことが出来なかった。諦めて、南側寄りに登ると、左側には全く木がなく、ホロホロ山と徳瞬瞥山、白老岳と三角形の南白老岳が目の前に飛び込んでくる。山頂に近づきだすと、また林の中になる。
羊蹄山と尻別岳 ホロホロと徳瞬瞥 白老岳と南白老岳 山頂の林
 山頂近くで一段と展望が開け札幌の山々から支笏湖、白老の山々が連なり、目の前にホロホロ山と徳瞬瞥山が一段と間近に、少し離れた右側にはオロフレ山も見えてきた。山頂は林の中だが、一応行ってくるが、最高地点を特定するには平らすぎて分からず、ぐるっと見回してここが一番高いと思う所から引返す。少し戻ってパノラマを見ながら昼食とする。暖かい山頂で久しぶりにくつろいでいると、旅客機が真っ白な機体になりながら飛行機雲を引いていた。風に乗って、ルスッツスキー場の場内アナウンスも聞こえる。今度は2機の戦闘機が爆音と共に飛行機雲を引いきながら来て直ぐに飛び去った。
                                  ←大
   空沼 漁岳  恵庭   風不死 白老南白老   ホロホロ 徳瞬瞥         オロフレ
 帰りは札幌の山々や恵庭岳を見ながら、山頂の緩い傾斜を滑り下りる。
 津軽実不の後に 空沼岳   漁岳                  恵庭岳
 固雪と新雪が入り混じった尾根を滑り下りるのは一苦労だった。林道(第一支線)に下りてからは、順調に下る。
固雪と新雪が 尾根を滑り下りる 林道に出る 順調に下る

山行記録冬山3へ   次弁慶別山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2006(H18)年3月25日(土)
 晴れ スキー 硬雪と新雪5〜10cm
 8:49駐車場所→廃屋分岐→9:06林道分岐(直進)→ヘアピンカーブ→9:44T字路(起点2kmの看板)→9:53第一支線分岐(尾根取付き)→10:53コル→11:46頂上12:41→12:54コル→13:22第一支線→13:38駐車場所