盤ノ沢山(459m峰、495m峰) =札幌豊滝市民の森=
コース 西口 東口 盤龍山信行院(未踏)

 ポイント
 盤ノ沢山は板を立てたような山容をしている。豊滝市民の森は盤ノ沢山の北側の山裾に展開している。入口は東と西に2つあり、広い駐車場も完備している。良く整備された散策路が延びていて、分岐地点には番号の付いた分かりやすい案内板がある。西口近くからは盤龍山信行院への砂利道があり、良質な水が出るようで水汲みの車で賑わっている。

 アクセス
 札幌から豊滝に入り、道路情報館の信号を左折する。舗装道路に沿い、左カーブするところがあるが、突き当たりまで行く。突き当りの未舗装道路を真っ直ぐ進むと一つ目の東口となる。突き当たりを右に行くと、左手に豊滝市民の森と駐車場の看板があり二つ目の西口となる。盤龍山信行院からも最短で登れるが、達成感は無いのではと思う。
 国土地理院地図 周辺地図
案内板
西口コース
 8月24日 <2003(H15)年 一周2時間>
一つ目の入口 右:神社、左:駐車場 駐車場 @から神社へ
 二つ目の入口から入り、駐車するが、日曜日なのだがわれわれだけだった。準備を終えて、案内板に向い、散策する順番を決める。コースは左周りで外側から行くことにした。看板脇に登山ポストかと思ったら地図とヒグマに注意のリーフレットが入っていた。早速頂いて、散策路入口へ行く。
 入口には小川が流れていたので跨いて数歩進んだところで、相棒が足を滑らせて片足を小川の中に置いたまま、ひっくり返ってしまった。
折角良くなった膝と頭を打ったようで、軽い脳震盪を起こしているのか動きが鈍い。今日はもう無理かなと思ったら、おもむろに動き出した。
綺麗な流れ 砂利道を登る B休憩舎 キツリフネ(大×)
 突然砂利道に出てしまう。どうやら、鳥居のあった道のようだった。キツリフネの黄色い花が咲く砂利道を登って行くと、休憩舎や神社がある広場にでた。ここは良い水が出ているのか、水汲み場でもあるようだった。看板を良く見ると、今年になって数件の熊出没地点が地図に載っていた。
 登って行くとC地点に神社があり、ここからD(495m)地点を目指す。D地点まではオオウバユリや大きなホウノキの実、青いトリカブト、ビンブラシのようなサラシナショウマの花を見ながら登って行く。
神社が現れる オオウバユリの実 ホウノキの実 トリカブト
広葉樹林の登り サラシナショウマ D(495m)からEへ 木段が現れ引返す
 D(495m)地点からEに下るために、尾根道を歩く。途中で木段の下りがあったので、愛棒の膝に悪いと思い引返す。再び、Dへ戻り、遠回りをしてLに行く。444m峰の傍を通過するときに豊滝方向が僅かに覗かれる。クルミやドングリが転がりキノコが生えている散策路を登ったり下ったりして、Lに着く。
Dに帰りLへ クルミ 明るい散策路に 僅かに遠望が(444m)
キノコ キノコ(大×) L地点の二股Kへ ドングリ(大×)
 L地点で二股になるが、Eを選ばず、Kへ行く。Kでは再び二股になるが、459m峰に立ち寄るため、Fを選ぶ。登って行くと、木段になり登り切るとF地点となる。ベンチがあるが展望は無い。H地点に下がるとF地点が見える。下って行くと鉄塔が現れる。鉄塔にしたからは僅かに展望がある。青山方向が見えているようなのだが判然としない。
Kから木段でFへ F地点(459m) HからFを見上げる 鉄塔が現れる
鉄塔の下から A砂利道に飛び出る @全行程を確認して 駐車場へ
 いきなり、Aの地点で砂利道に出てしまう。@の地点で今日の全行程を確認して、駐車場へ向かう。熊の痕跡は注意してみたが、見当たらなかった。見つける人は注意深い人に違いないと思う。

二人の山行記録もくじ2へ    次東口へ    アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2003(H15)年8月24日(日) 霧雨 豊滝コース
 8:44駐車場→8:48@→A→8:55B→9:02C→9:24D(495m峰)→10:04L→10:17K→10:23F(459m峰)→10:24H→10:40I→10:41A→10:43@→10:45駐車場