明日萌ashimoi

 ポイント
  1999年4月5日から10月2日まで放送されたNHK連続テレビ小説「すずらん」の舞台になったところ。小説では「明日萌駅」だが、JR北海道の恵比島駅だ。恵比島駅は無人駅だが、実際に列車が止まるので、線路には降りないように。萌(遠野凪子)の物語。
 詳細は北海道沼田町 公式ホームページ (town.numata.hokkaido.jp)を参照。

 アクセス
 道道549号線を走り、JR北海道の留萌本線、恵比島駅(沼田町)を目指す。
 Google Map
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 恵比島駅
駅名標 待合室 時刻表
 明日萌駅の右側に、灯が点っている小屋があったので、入ってみたら、現役の駅の待合所だった。
 時刻表やトイレも完備していた。
 
 明日萌駅
 道道549号線から駅へ入って行くと、田舎の駅にしては、駅前が広く感じる。駅舎に近づいて行くと、昭和の佇まいが懐かしい。駅舎は開放されていなかったので、周囲を歩いて見る。プラットフォームにでると、物語の駅名標「あしもい」が立っていた。「あしもい」はアイヌ語のアシリ・モイ(新しい淀み・新しい淵)に由来しているという。
駅前 駅舎 線路側 駅名標
 駅舎に戻って来ると、美女が窓越しに見ていてびっくりするが、良く見るとマネキンだった。萌ちゃんのいる待合室を覗くと、馬橇が置いてあった。窓口の上には、参等旅客運賃一覧表があり、上野までは13円82銭と表示されていた。改札口からの方が中が良く見えるかと、回り込んでみたが逆光で良く見えない。隣の駅長室を覗くと、だるまストーブが見える。
美女が 馬橇 改札口
 だるまストーブの前には、駅長のマネキンも座っていた。駅前に戻りロケに使われたと思われる木造の家や石碑と鐘を見る。石碑には「すずらん/小さな駅にも/大きなドラマがある/名もなき市井の人にも/語り尽くせぬ/人生がある/清水有生」と刻まれていた。鐘はスズランを形取っているようだ。
駅長 駅長の家 石碑
 
 中村旅館
駅側から 中村旅館 すずらんロケ地
 駅と道路を挟んで、中村旅館が見える。
 「すずらんロケ地 return of Happiness」がタブレットの中に書かれていた。良く見ると萌ちゃんと駅長もタブレットの中に入っている。

散歩路もくじ5へ  次萌の丘へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2013(H24)年11月5日(火)