厚岸町の名所・旧跡 =太平洋シーサイドライン=
    道の駅『厚岸グルメパーク』 厚岸市街厚岸漁港展望台 遭難平和の碑 
    お供山展望台愛冠岬は別の北の遊歩訪に記載しました。
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 道の駅『厚岸グルメパーク』 <2012.8.27-29> 国土地理院地図  周辺地図
道の駅 厚岸案内
 道の駅は大勢の旅行者で賑わっていた。高台に建てられ津波の避難場所としても指定されているようだ。高台なので、夜景も綺麗で、厚岸湖や厚岸湾が一望される。
 厚岸には温泉が無いのが、市内に昭和の雰囲気を漂わせている喜楽湯(市街地図は道の駅でもらえる)がある。番台のお母さんに聞いたら、十勝沖地震で、給湯設備に壊滅的な被害を受けたが、街で唯一再建できた銭湯だと言う。
 道の駅は9時過ぎたら閉館になり、駐車場の街灯も消えるので、夜景が凄く綺麗だった。ただし、トイレは24時間使えるのでありがたいが、ウォシュレットでは無い。
           ←大
道の駅駐車場から厚岸湾を
 朝起きたら、朝霧で遠望はきかないが、初めて厚岸湖を臨む。
                     ←大
道の駅散策路から厚岸湖を
 夜景が綺麗だった厚岸湾も臨むことができた。
                     ←大
道の駅散策路から厚岸湾を
 厚岸市街厚岸漁港展望台<2012.8.28>   周辺地図
看板 観光案内図
 愛冠岬へ行く途中に、厚岸市街と厚岸漁港を望む駐車帯がある。観光案内図もあるが、生憎の朝霧で何も見えなかった。
 
 厚岸町緑のふるさと公園<2012.8.28>   周辺地図
 道端には、鹿が至るところに居るの慎重に運転する。愛冠岬へと上がって行くと、厚岸町緑のふるさと公園が現れる。案内板を見ると樹海観察塔があり、近づいて見ると時間が早すぎて開いていなかった。少年自然の家(ネイパル)も煙っていた。
鹿 案内板 樹海観察塔 ネイパル
 遭難平和の碑<2012.8.28>   周辺地図
遭難碑 碑陰
 「岬を訪れる人よ/わが故郷に告げよ/われわれは眠る/この海の彼方に/祖国の平和と/残せし人を想いつゝ/われらは眠る/永久にと」と刻まれていた。
 誰の歌碑だろうと思って、碑陰を見ると陸軍輸送船日蓮丸と護衛駆逐艦白雲の遭難平和の碑だった。
 バラサン岬<2012.8.28> 国土地理院地図  周辺地図
岬を 岬の下
 港の外れから踏み跡がありそうなので行ってみたが、登れそうになかった。岬の傍にはコンブを採っている小舟が揺れていた。
 国泰寺の裏から道があるのが分からなくて諦めるが、道は荒れているようだ。
 床潭沼 <2012.8.28> 国土地理院地図  周辺地図
 道道955号線に入り、アイニンカップ岬を目指すが、道がないので床潭沼を見て通過する。
                     ←大
床潭沼
 
 ピリカウタ展望台 <2012.8.28> 国土地理院地図  周辺地図
 ピリカウタ展望台は駐車場に入るものの、知らずに通り過ごしてしまう。
 末広(まぴろ)海岸 <2012.8.28> 国土地理院地図  周辺地図
 床潭から海岸線を辿ると、「末広海岸」の解説板が立っていた。駐車場はないので、路駐し海岸線を覗くとチンベノ鼻方向に夫婦岩が見えていた。末広海岸を見ると、コンブ干しが盛んだった。
末広海岸解説 夫婦岩 末広海岸 コンブ干し
 
 尻羽岬<2012.8.29>   周辺地図
舗装切れ
 道道142号線から知方学方向へ行くと、分岐になり舗装道路が切れた方に尻羽岬の看板が立っていた。未舗装道路をかなり走らなければならないのと霧が立ち込めていて、岬にたどり着いても展望が期待できそうにないため今回は断念した。
 
 セキネップ展望広場<2012.8.29>   周辺地図
 セキネップ展望広場に到着したら、霧で何も見えなかった。丘の上に石碑らしいものが見えるが、霧で濡れた藪を漕ぐ気にはなれなかった。少し晴れたら鷲が頭の上を飛んでいた。海岸線もわずかに見えて漁船が浮いていた。
道立公園の看板 看板 海岸

散歩路もくじ7へ   次浜中の名所旧跡へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録 (遊びの時間含む)
 2012.8.27-29